ワイヤレス プリンティング センター

 

用語集

ワイヤレス印刷でよく使用される用語をまとめた以下のリストで、用語の詳細な定義を確認できます。

用語 A ~ E

802.11 

I802.11 と 802.11x は、無線 LAN (WLAN) テクノロジ用に IEEE が開発した仕様のファミリを表わします。802.11x は、ワイヤレス デバイスとベース ステーション (アクセス ポイントまたはルータ) 間、または 2 つのワイヤレス デバイス間 (アドホック ネットワーク内など) の無線インターフェイスを特定します。802.11 仕様の例には、802.11b、802.11g、802.11n があります。

アクセス ポイント 

アクセス ポイントは、ワイヤレス ネットワークを可能にする電波を送信します。ワイヤレス デバイス (プリンタ、ラップトップ コンピュータなど) は、アクセス ポイント経由でネットワークに接続できます。多くのルータにはアクセス ポイントが内蔵されており、「ワイヤレス ルータ」と呼ばれます。

アドホック 

アドホック ネットワークは、独立したネットワークとして接続されている、コンピューター、プリンターなどのデバイスのグループです。アドホック ネットワークではワイヤレス ルータを使用しないため、デバイスはインターネットに接続できません。デバイスにワイヤレス機能がある場合、ワイヤレス アドホック ネットワークを作成できます。Ethernet ケーブルも使用できますが、デバイス間接続にはクロス ケーブルと呼ばれる特別なケーブルが必要です。

AES 

Advanced Encryption Standard (AES) は、米国政府の National Institute of Standards and Technology で採用されている正式な暗号方式で、世界中で受け入れられています。ワイヤレス ネットワークでデータを暗号化する最新の、最も安全な方法です。WPA2 と呼ばれることもあります。

自動 IP アドレス 

ネットワーク デバイスに DHCP ルータによって IP アドレスが割り当てられていないか、手動または静的 IP アドレス割り当て経由で IP アドレスが指定されていない場合、デバイスは自身に、一般的に自動 IP アドレスと呼ばれる IP アドレスを割り当てます。自動 IP アドレスは、169.254.0.0 から 169.254.255.255 の範囲内です。

チャネル重複 

お住まいの地域のワイヤレス ネットワーク トラフィックが多い場合、ユーザーのネットワークが使用するワイヤレス チャネルと、他のネットワークが使用するワイヤレス チャネルが近接している可能性があります。2 つのチャネルの距離が 5 チャネル以内の場合、これをチャネル重複と呼びます。たとえば、ワイヤレス ネットワークがチャネル 6 を使用しており、隣接ネットワークがチャネル 4 を使用しているとします。この状況では、ネットワーク (および隣接ネットワーク) のパフォーマンスが低下する可能性があります。一番近いチャネルから少なくとも 5 チャネル (またはそれ以上) 離すことをお勧めします。上の例では、チャネル 9、10、または 11 を使用できます。ほとんどのルータで、ワイヤレス ネットワークに使用するためチャネルを手動で選択できます。

デフォルト ゲートウェイ 

ゲートウェイは、ネットワーク上のアドレス (たとえば、ワイヤレス ネットワークのルータのメイン IP アドレス) で、別のネットワーク (インターネットなど) へのアクセス ポイントとして使用されます。デフォルト ゲートウェイを使用して、デフォルト ゲートウェイ アドレスをブラウザのアドレス バーに入力することで、ワイヤレス ルータの設定ページにアクセスできます。

DHCP 

Dynamic Host Configuration Protocol。コンピューター、プリンターなどのデバイスが、ネットワークで動作するために必要な設定情報を取得するために使用するネットワーク プロトコルです。

ダイヤルアップ 

家庭の既存の電話回線を使用する、最も低速のデータ転送形式のインターネット接続方法です。ダイヤルアップ モデムを使用中の場合、電話を使用することはできません。

DSL 

Digital Subscriber Line。オンライン アクセスを提供するためケーブル インターネットと競合する高速インターネット サービスです。DSL は、ダイヤルアップ サービスのように標準的な銅電話回線経由で動作しますが、ダイヤルアップよりも数倍高速です。DSL は、ダイヤルアップよりも高速であるほか、電話サービスと共存するので、ユーザーはネット サーフィングと電話の使用を同時に行えます。

ダイナミック IP アドレス 

ダイナミック IP アドレスは、DHCP サーバー (ワイヤレス ネットワークでは通常ルータ) によってネットワーク上のデバイスに割り当てられます。デバイスがネットワークから切断されたとき、再接続したときに DHCP サーバーから別の IP アドレスを取得します。これにより、DHCP サーバーがユーザーの介入なしに IP アドレスのプールを管理できます。

暗号化 

暗号化は、ワイヤレス ネットワークを歓迎されないユーザーから保護するための方法です。オプションですが、強くお勧めします。暗号化方法を採用することで、ワイヤレス ネットワーク経由で送信されるすべてのメッセージをコード化するために、パスワードまたはキーが使用されます。ネットワークの名前とパスワードを知っているデバイスのみが、ネットワーク通信を検索して、デコードできます。最も一般的なタイプの暗号化は WEP と WPA です。

Ethernet 

デバイス (コンピュータ、プリンタなど) が高速ネットワークに接続できるようにする (電話回線に似ており、電話回線より太い) ネットワーク ケーブルです。

Ethernet ハブ 

ネットワーク内のデバイスの共通接続ポイントです。ハブには複数のポートが含まれています。データのパケットは、1 つのポートに到着すると、ハブに接続されているすべてのデバイスが全パケットを表示できるように、その他のポートにコピーされます。ハブとルータの違いは、ルータの場合、データ パケットをルータに接続された特定のデバイスにルートできるため、パケットを受信しないデバイスが存在することです。

EWS 

Embedded Web Server。セキュリティなどの設定を行える、ワイヤレス ルータなどのデバイス内に存在する Web サーバです。デバイスの EWS にアクセスするには、Web ブラウザを開き、デバイスの IP アドレスをブラウザのアドレス ボックスに入力します (ここに通常、Web サイトにアクセスするための URL を入力します)。

用語 F ~ M

FiOS 

Fiber Optic Service。光のパルスを使用してデータを転送するために光ファイバ ケーブルを使用するデータ通信サービスです。ケーブルおよび DSL インターネット サービス プロバイダと競合します。

ファイアウォール 

インターネット接続経由で来る情報をプライベート ネットワークまたはコンピュータにフィルタすることで、ネットワーク上のコンピュータが外部コンピュータと直接通信することを防止するように設計されたソフトウェア プログラムまたはハードウェア デバイスです。ファイアウォールは、ネットワークまたはコンピュータと外部システム間を通過するすべての情報が通過する必要があるバリアとして機能することで、ハッカーを締め出し、個人データを取り込みます。

ゲートウェイ IP アドレス 

これはワイヤレス ルータの IP アドレスです。

高速ケーブル 

ローカル ケーブル TV 回線 (電話回線ではない) を使用してインターネットに接続し、インターネットへの常時接続を可能にします。コンピューターがインターネットに接続されていても、電話を使用できます。

ハブ 

ネットワーク上のデバイスの共通接続ポイントです。ハブには複数のポートが含まれています。データのパケットは、入力ポートに到着すると、ハブに接続されているすべてのデバイスがパケットを受信できるように、すべての出力ポートに送信されます。ハブとルータの違いは、ルータの場合、データ パケットをルータに接続された特定のデバイスにルートできるため、パケットを受信しないデバイスが存在することです。

インフラストラクチャ 

最も一般的なタイプのホーム ネットワークで、「標準」とも呼ばれます。インフラストラクチャ ネットワークは、ネットワーク上のさまざまなデバイスに接続するためにルータ、ハブ、またはアクセス ポイントを使用します。

IP アドレス 

IP アドレスは、ネットワーク上のコンピュータ、プリンタや、ほかのデバイスを識別する一連の数値です。IP アドレスは通常、ローカル ワイヤレス ルータ (ネットワーク) の DHCP サービスによって発行されます。デバイスには、ワイヤレス ルータの IP アドレスと同様の IP アドレスが指定されています。たとえば、ワイヤレス ルータの IP アドレスが 192.168.1.1 の場合、プリンタに IP アドレス 192.168.1.5 を指定できます。

IPCONFIG 

(IP CONFIGuration)。実行されているマシンに割り当てられた IP アドレスを管理するために使用する Windows コマンド ライン ユーティリティです。追加パラメータなしに使用でき、コンピュータに現在割り当てられている IP、サブネット マスク、デフォルト ゲートウェイ アドレスを表示します。IPCONFIG には複数のコマンド ライン スイッチ (パラメータ) があります。たとえば、"IPCONFIG /all" は、コンピュータの名前 (ホスト名)、Ethernet MAC アドレス、DNS サーバー アドレスなど、各種のデータを表示します。

ISP 

Internet Service Provider – インターネット サービスを提供する会社です。例には、ケーブル、DSL または FIOS インターネット サービスが含まれます。

LAN 

Local Area Network。通常 1 つの建物内に納まり、複数のコンピューターと、プリンターなどのその他のデバイスが接続されたネットワークです。ワイヤレス ネットワークはローカル エリア ネットワークと呼ばれます。

MAC アドレス 

MAC は Media Access Control の略です。ネットワーク対応のすべてのデバイス (コンピューター、プリンター、ルーターなど) には、ネットワーク通信で使用するため製造元によって一意の物理シリアル番号が指定されています。

混合ネットワーク 

Ethernet ケーブルと電波信号の両方を使用して複数のデバイスを接続し、インターネット接続やその他のリソースを共有するネットワークのタイプです。

モデム 

単一コンピュータをインターネットに接続するよう設計された電子デバイスです。モデム (modem) は、MOdulate と DEModulate の頭字語です。モデムを使ってインターネットに接続するためには、インターネット サービス プロバイダからのサービスが必要です。インターネット サービス プロバイダは、ダイヤルアップ、高速ケーブル、Digital Subscriber Line (DSL)、FiOS など、インターネットへのさまざまな接続方法を提供します。

用語 N ~ Z

ネットワーク アダプタ 

ネットワーク アダプタは、コンピュータなどのデバイスとネットワークのインターフェイスとして機能します。「アダプタ」は、元々 PC 用の Ethernet アドイン カードを表わす用語として使用されていました。最新のネットワーク アダプタ ハードウェアはさまざまな形式で存在します。ラップトップ コンピュータ用のほとんどのワイヤレス ネットワーク アダプタ ギアは、集積回路チップとして内蔵されています。

ローミング 

ワイヤレス ネットワーク接続されたデバイスを持ち運ぶための機能です。自宅にワイヤレス ネットワークがある場合、ワイヤレス信号の範囲内であれば、ノート型パソコンをホーム ネットワークに接続した状態で別の部屋に持ち運ぶことができます。

セキュリティ ソフトウェア 

情報、コンピュータ プログラム、その他のコンピュータ資産を保護する方法です。ほとんどのセキュリティ ソフトウェアにはウイルス対策保護が含まれ、一部のセキュリティ ソフトウェアには、ソフトウェア ファイアウォール プログラムなどの別の機能も含まれています。

SSID 

Service Set Identifier。特定の 802.11x ワイヤレス ネットワークを識別する、ユーザによって指定された名前です。

静的 IP アドレス 

デバイスに手動で指定された IP アドレスで、DHCP でルータに接続された場合でも変化しません。

TKIP 

Temporal Key Integrity Protocol (TKIP) は、レガシー ハードウェアを交換せずに WEP と置換できるように設計された暗号方式です。WEP が破られ、Wi-Fi ネットワークの脆弱性が放置されていたときにこのニーズが生まれました。ただし、TKIP が使用する基本的な機構は WEP と同じであるため、攻撃に対しては脆弱です。WPA-personal と呼ばれる場合もあります。TKIP は 802.11n ネットワークではサポートされていません。

VPN 

Virtual Private Network - 既存ネットワークの上に載せられたセキュリティ保護されたネットワークです。VPN のプライベートという特性は、VPN 経由のデータ転送が、既存ネットワーク上の他のコンピュータやプリンタに対して通常非表示である点から来ています。この例として、ホーム ネットワーク上および VPN 接続経由で接続されたコンピュータには、ワイヤレス プリンタなどのホーム ネットワーク上で接続されたその他のデバイスへのアクセス権限がありません。

WAN 

Wide Area Network。州、国など地理的に広い地域をカバーする長距離通信ネットワークです。電話会社や携帯電話会社では、広い地域または国全体にサービスを提供するために WAN が採用されています。大企業は、リモート オフィスをリンクするために固有のプライベート WAN を所有しており、接続にインターネット (世界最大の WAN) を使用しています。

WEP 

Wired Equivalent Privacy。この暗号化標準は、ワイヤレス通信のオリジナルの暗号化標準です。WEP は、ワイヤード ネットワークと同レベルのセキュリティを提供するよう設計されましたが、現在では安全性が低下しており、ハッカーがキーを見つけて侵入することが比較的容易になっています。

ワイヤレス 

コンピューター、プリンターなどのデバイスが高速ネットワークに接続できるようにする電波信号です。(IEEE 802.11 とも呼ばれます)。

ワイヤレス チャネル 

ネットワーク デバイス間のワイヤレス ネットワーク通信は、チャネルとも呼ばれる特定の周波数で発生します。この通信には複数のチャネルが使用できます。通常、ワイヤレス ルータは、ホーム ネットワーク上のすべてのワイヤレス ネットワーク通信に対して特定のチャネルを選択します。ほとんどのルータでは、ユーザーがチャネルを手動で選択することもできます。別のチャネルを選択すると、ネットワーク パフォーマンスが改善する場合があります (「チャネル重複」を参照してください)。

ワイヤレス LAN 

Wireless Local Area Network (WLAN) またはワイヤレス ネットワーク。データが配線なしに送信されるネットワークで、ユーザーの移動性とデータへのアクセスが増加します。

ワイヤレス ルータ 

ワイヤレス ルータは、ワイヤード デバイスとワイヤレス デバイスをネットワークに接続できるネットワーク ハードウェアです。ワイヤレス ルータに接続されたコンピュータ、プリンタ、その他の Wi-Fi 対応電子機器などのデバイス間で、1 つのインターネット接続の共有と相互接続が可能です。ワイヤレス ルータへの接続には、ワイヤレス接続、または Ethernet ケーブルを使用したワイヤード接続が使用できます。

WPA 

Wi-Fi Protected Access は、WEP よりもはるかに安全性の高い暗号方式と見なされています。ただし、初期のネットワーク製品の中には WEP しかサポートしていないものがあるため、一部では現在でも WEP が使用され続けています。WPA2 は WPA の最新バージョンです。

WPS 

Wi-Fi Protected Setup。ユーザーが、新しいワイヤレス ネットワークの設定、新しいデバイスの追加、ワイヤレス ネットワークでのセキュリティの有効化を簡単に行うための機能です。