プレスリリース: 2010年11月01日
トピック: 新製品情報

低ランニングコスト・高機能を実現したビジネス向けインクジェット複合機4機種を発表

- A3対応機を加えラインアップを拡充、全機種に「メール de プリント」機能と大型液晶タッチスクリーンを搭載 -


2010年11月1日

日本ヒューレット・パッカード株式会社


日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は、ビジネス向けインクジェット複合機「HP Officejet Pro/HP Officejetシリーズ」の新製品4機種を発表します。
新製品は、販売店、および日本HPのオンラインストアにて11月中旬より順次販売を開始します。

A4対応複合機

製品名HP Directplus価格販売開始日
HP Officejet Pro 8500A Plus39,900円(税抜38,000円)11月中旬
HP Officejet 6500A Plus19,950円(税抜19,000円)11月中旬
HP Officejet 6500A14,910円(税抜14,200円)12月中旬

A3対応複合機

製品名HP Directplus価格販売開始日
HP Officejet 7500A29,820円(税抜28,400円)11月中旬

プリント・コピー・スキャン・ファクス機能にADF(自動原稿送り装置)を標準搭載するビジネス向けインクジェットプリンター「HP Officejet Pro/HP Officejetシリーズ」の複合機は、お求めやすい本体価格ながら、大容量独立インクシステムの採用により低価格カラーレーザープリンターと比較して最大50%(*1)の低ランニングコストを実現します。今回発表する新ラインアップでは、A3対応機を新たに加えることで、SOHOや小規模オフィスの、より幅広いニーズに対応可能となりました。
新製品は、外出先からの遠隔プリントを可能とした「メール de プリント(ePrint)」、用紙の差し替えなしでカード類の表裏をコピーできる「IDコピー」など利便性の高い新機能を搭載します。また、全機種に直観的操作が可能なカラー液晶タッチスクリーンを搭載するなど、操作性も大幅に向上しました。

*1: HP調べ。「HP Officejet Proシリーズ」で全色XLカートリッジ使用時。10万円以下のカラーレーザー複合機との比較。

「HP Officejet Pro/HP Officejetシリーズ」複合機 新ラインアップの主な特長は、以下の通りです。

・低価格カラーレーザー比 最大50%の低ランニングコスト
「HP Officejet Pro/HP Officejetシリーズ」は、大容量独立インクシステムの採用によって、A4カラー文書 1枚6.6円(「HP Officejet Pro 8500A Plus」)/7.6円(「HP Officejet 6500A Plus」、「HP Officejet 6500A」、「HP Officejet 7500A」の低ランニングコストを実現します。(*2)。さらに、「HP Officejet Pro 8500A Plus」と「HP Officejet 6500A Plus」では、自動両面印刷機能の標準搭載により、用紙コストの効率的な削減が可能です。

*2: ランニングコストは、A4普通紙文書のプリント可能枚数測定に関する国際標準規格である「国際標準ISO/IEC 24711」に準拠した方法で算出。

・外出先からオフィスのプリンターに出力できる「メールdeプリント」機能対応
「メールdeプリント(ePrint)」は、プリンターにメールアドレスを割り振ってインターネット接続することにより、プリンタードライバーを持たないスマートフォンなどのモバイル端末からのリモート印刷を可能とする機能です。外出先からオフィスのプリンターに即時に出力できるなど、ビジネスの機動力を高めます。また、PCを介さずにインターネット上の専用コンテンツにアクセスできる「アプリdeプリント(Print Apps)」にも対応しています。

・全機種タッチスクリーン操作対応、便利機能も多数搭載
新ラインアップでは、画面に触れるだけで操作が行える大型カラー液晶タッチスクリーンを全機種に搭載し、より使いやすくなりました。また、最大A5サイズまでのカード類の裏表を、用紙を差し替えることなく同一面にコピーできる「IDコピー」機能も全機種に搭載しています。

各製品の主な特長は以下の通りです。


<全色顔料インク採用のハイエンドモデル「HP Officejet Pro 8500A Plus」>

「HP Officejet Pro 8500A Plus」は「HP Officejet Pro 8500 Wirelss」の後継機種で、全色顔料系インクの大容量4色独立インクシステムを採用するビジネス向けインクジェット複合機のハイエンドモデルです。高速(モノクロ最高35枚/分、カラー最高34枚/分)かつ低ランニングコスト(A4カラー文書1枚6.6円)で、普通紙にくっきりシャープな印刷が行えます。自動両面印刷機能に加え、最大50枚までの両面対応ADF(自動原稿送り装置)を搭載しているので、大量の両面コピー・スキャン・ファクスが可能です。また、スキャンしたデータやファクスで受信したデータを、指定したネットワークフォルダやメールアドレスに直接送れる「デジタルファイリング/デジタルファクス」に対応しています。


<シリーズ初のA3対応複合機「HP Officejet 7500A」>

「HP Officejet 7500A」は、無線/有線LAN対応で3万円を切るお求めやすい価格を実現したシリーズ初のA3インクジェット複合機です。A3プリント対応に加え、コピー機能はA3拡大コピーに対応し、またスキャナー機能とファクス機能はA4に対応します。また、コピーとスキャン機能は、ウィザードに従ってマニュアル操作をすることにより、最大A3等倍コピー/スキャンが行える独自機能(*3)を搭載しました。

*3: 元原稿の上半分、下半分をそれぞれスキャンし、それをプリンターで自動的に統合し、A3コピーを作成します。また、同様の操作によりメモリカードへスキャンデータを保存することが可能です。また、元原稿のトップ/ボトム約6mmはスキャンをすることができません。データによっては、結合中央領域の文字や画像にずれが生じる場合があります。


<無線/有線LANと自動両面印刷に対応した「HP Officejet 6500A Plus」>

「HP Officejet 6500A Plus」は「HP Officejet 6500 Wireless All-in-One」の後継機種で、無線/有線LAN機能と自動両面印刷機能を搭載した、ワンランク上のスタンダードモデルです。顔料黒インクと染料カラーインクによる4色独立インクシステムにより、モノクロ最高32枚/分、カラー最高31枚/分の高速印刷を、A4カラー文書1枚7.6円の低ランニングコストで行えます。カラー液晶タッチスクリーンと新機能の搭載により、より使いやすく高機能になりました。


<コストパフォーマンスの高いスタンダードモデル「HP Officejet 6500A」>

「HP Officejet 6500A」は、カラー最高31枚/分の高速印刷、A4カラー文書1枚7.6円の低ランニングコスト、35枚対応ADF、有線LAN、カラー液晶タッチスクリーンなど優れた基本性能を備えながら、1万円台半ばのお求めやすい価格を実現したビジネス向けインクジェット複合機のスタンダードモデルです。「メールdeプリント(ePrint)」、「IDコピー」などの新機能にも対応しています。


■ 新製品スペック一覧表は以下のURLを参照してください。

  HP Officejet Pro 8500A Plus
  HP Officejet 6500A Plus
  HP Officejet 6500A
  HP Officejet 7500A

■ HP Officejetシリーズに関する製品情報は以下のURLを参照してください。
  http://www.hp.com/jp/officejet/

■ 製品写真ライブラリ
  (画像データは以下のURLからご覧になれます)
  http://www.hp.com/jp/inkjet_pr


#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先
カスタマー・インフォメーションセンター TEL: 03-6416-6660
ホームページ: http://www.hp.com/jp/




PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。