プレスリリース: 2009年02月25日
トピック: 新製品情報

システム開発時の要件/テストを全社レベルで統合管理可能なソフトウェアソリューション「HP Quality Center 10.0」を発表

- バージョン管理やプロジェクト間での要件/テストの再利用などリソースの共有により統合された品質管理と全社レベルでの品質プロセスの標準化を実現 -


2009年2月25日

日本ヒューレット・パッカード株式会社


日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は本日、要件管理とテスト管理を統合し、アプリケーション品質の管理と全社レベルの品質プロセスの標準化を支援するソフトウェアソリューション「HP Quality Center 10.0」を発表します。


ソフトウェアの不具合の大半は、ユーザー要件を十分に理解しない、要件が不明確、要件が変更されるなど、要件に起因します。このような不具合は、ITエンジニアが開発の途中で発見・修正することが困難で、多くがユーザー受け入れテストでユーザーによって検出されるため、プロジェクトコストに多大な影響を与えます。このような問題による影響を最小限におさえてプロジェクトを成功に導くためには、要件管理と要件を満たすためのテストを計画・実行して不具合を管理するテスト管理を統合することによって、要件の変更に素早く対応し必要な品質レベルを確実に達成する品質プロセスが必要とされます。また、複数プロジェクトが同時進行する大規模環境システムでは、このような品質プロセスが標準化されてすべてのプロジェクトで共通に適用されることが、全社レベルでの品質を向上させるためのキーとなります。


「HP Quality Center 10.0」は、要件管理とテスト管理を1つのプラットフォーム上に統合することで、これら課題を解決します。すべてのテスト資産を統合的に管理することで要件と他の要件・テスト・不具合間で双方向のトレーサビリティを提供するだけでなく、バージョン管理やベースライン機能を備え、頻繁に発生する要件の変更やそれに伴うテストの変更を管理することができます。また、自動機能テストソフトウェア HP QuickTest Professional softwareが使用するさまざまなテストリソースを集中的に管理することができるため、品質プロセスにテストの自動化を連携させることが、さらに容易にできます。さらに、共通プロセスの設定を支援する機能や他のプロジェクトのテスト資産を共有・再利用する機能により、全社レベルでの品質プロセスの標準化と品質レベルの統一を図ることができます。これら品質プロセスの標準化・品質レベルの統一を支援する機能は、「HP Quality Center 10.0」のユニークな特長です。


「HP Quality Center 10.0」は、「Starter Edition」「Enterprise」「Premier」の3つのエディションで構成され、小規模環境システムから大規模環境システムまで幅広い選択肢を提供します。


<参考価格>
基本製品サイトライセンス価格販売開始
HP Quality Center Starter Edition504,000円~
(税抜480,000円~)
4月1日
HP Quality Center Enterprise
(Quality Center High Availability Server 8,000,000円)
5,040,000円~
(税抜4,800,000円~)
4月1日
HP Quality Center Premier
(5 Concurrent User Packageの価格、Quality Center High Availability Server含む)
9,240,000円~
(税抜8,800,000円~)
4月1日
追加同時QC要件管理ユーザー
(要件管理モジュールのみの追加ライセンス価格)
336,000円~
(税抜320,000円~)
4月1日

<HP Quality Center 10.0の新機能>
「HP Quality Center 10.0」の主な新機能は、以下のとおりです。


要件/テストのバージョン管理(全エディション共通)
要件、テスト、ビジネスコンポーネントといったテスト資産に対する変更の履歴は、「HP Quality Center 10.0」のバージョン管理機能により管理されます。ユーザーがこれらの資産を変更するときには、チェックアウト・チェックインすることにより、変更の重複による不一致を防ぐことができます。変更を加えられた資産に対してはバージョン番号がつけられて管理されますので、以前のバージョンの内容を表示したり、異なるバージョンの内容を比較したりすることができます。また、すべての変更に対する監査証跡が記録されます。


ベースライン管理(全エディション共通)

任意の時点のテスト資産(要件、テスト、ビジネスコンポーネント)の内容をベースライン(基準点)としてキャプチャーします。プロジェクトの期間中、テスト資産に対してはさまざまな変更が加えられますが、必要に応じていつでもベースラインの内容を再現することができます。また、異なるベースライン間やベースラインと現在の内容とを比較することもできます。


自動機能テストツールのリソースを統合的に管理(全エディション共通)

自動機能テストツール「HP Quick Test Professional software」で作成・使用される共有オブジェクトレポジトリや関数ライブラリ、データテーブルなどのテストリソースを「HP Quality Center 10.0」内に集中的に管理することができます。これにより、テストリソースの管理や共有が飛躍的に容易になります。これらのテストリースに対しては、他のテスト資産と同様にバージョン管理が行われますので、不用意な変更による不一致を防ぐことができます。


プロセス設定支援機能(Premierのみ)
テンプレートプロジェクトに指定したカスタマイズを各プロジェクトに自動的に配布する機能により、プロジェクト間で共通に適用すべき品質プロセスを簡単に反映させ、品質プロセスの標準化を図ることができます。プロジェクトマネージャは、このようにして加えられた共通プロセスのうえに、プロジェクト独自のカスタマイズを行います。


プロジェクト間の要件/テストの再利用機能(Premierのみ)

オープンなシステム環境では、異なるプロジェクト間で同じサブシステムに対してそれぞれ変更を加えることがよく起こります。このような場合、プロジェクト間で品質基準が異なるとテストの粒度に差がでて、システムの障害を起こす危険性があります。「HP Quality Center 10.0」では、他のプロジェクトで定義されている内容をインポートして再利用することができます。これにより、異なるプロジェクトでも共通の品質基準に基づいてテストを行うことができ、企業レベルでの品質レベルの向上につながります。


■ 「HP Quality Center 10.0」に関する情報は以下のHP Softwareのホームページを参照してください。

     http://www.hp.com/jp/hpsoftware/


■ 日本HPプレスルーム

     http://www.hp.com/jp/pressroom/


#     #     #


文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。


■ お客様からのお問い合わせ先

カスタマー・インフォメーションセンター TEL: 03-6416-6660
ホームページ: http://www.hp.com/jp/