プレスリリース: 2010年03月24日
トピック: 新製品情報

仮想化環境を管理する4製品を発表し、仮想化管理ソリューションを拡充

- 複数のハイパーバイザーに対応し、異なるベンダー、プラットフォームをシームレスに監視、自動化、保護することで、ITライフサイクル全体を管理 -


2010年3月24日

日本ヒューレット・パッカード株式会社

日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出伸一)は本日、仮想化環境の運用管理を効率的に行い、統合管理を実現する4製品を発表します。今回発表の4製品によって、プライベートクラウドの基盤となる物理環境と仮想環境をシームレスに監視、自動化、保護することが可能になります。複数のハイパーバイザーに対応し、異なるベンダーの製品が混在する環境の管理を可能にすることで、仮想化環境を含んだITライフサイクル全体の管理を可能にし、IT投資の効率化、戦略的IT投資の拡大をサポートします。

今回発表する製品は、以下の4製品です。
・Smart Plug-Ins for Virtualization Infrastructure
  (HP Operations Manager softwareプラグインソフトウェア)
・HP Operations Orchestration software version 7.60
・HP Data Protector software version 6.11
・HP Network Automation 7.60

近年、コスト削減やIT利用効率の向上、既存IT資産の有効活用などを目的に、プライベートクラウドの基盤として、サーバーやストレージ、ネットワークを仮想化して管理する動きが活発化しています。その一方で、物理/仮想両環境の可視化不足、各仮想技術の自動化ツールの不足、運用管理に要する人件費増大など、仮想化環境の管理に関して新たな課題に直面しています。

日本HPでは、これまでITライフサイクル管理の領域において、ITはもちろん、人やプロセスの情報管理に必要なすべてのファクターを包括することで、運用管理の標準化によるコストやリスクの適正化を提供してきました。そして今回、複雑化する仮想化環境の運用管理に対応するため、HPソフトウェア製品群を拡充します。 新製品は、こうした仮想化環境の可視化不足、複数の製品に対応した自動化ソフトの不足、データ/アプリケーションの保護の制約、マルチベンダーネットワークの統合ネットワーク管理に対応できるソリューションとして設計されています。また、複数のハイパーバイザーに対応し、異なるベンダー、プラットフォームの環境をシームレスに監視、自動化、保護します。物理環境と仮想環境との統合管理を実現することで、企業は、仮想環境をIT戦略の一部として積極的に活用でき、仮想化の価値の最大化とコスト、リスクの低減が図れます。今回の発表の製品詳細は、以下の通りです。

<仮想化監視機能を拡張する HP Operations Managerのプラグインソフトウェア
  - Smart Plug-Ins(SPIs) for Virtualization Infrastructure>

ITインフラストラクチャ全体を監視し、可用性とパフォーマンスを統合管理するソフトウェア「HP Operations Manager software」のプラグインソフトウェアです。物理/仮想、マルチベンダー環境の種類を問わず、同じコンソール上で一元的に監視、管理することが可能になります。VMware vSphere4.0/ESX、Microsoft Hyper-Vに対応し、仮想化環境で生じたイベントの監視、仮想化環境特有の性能ボトルネックの検知を行います。仮想化環境の構成情報を自動的に検出するほか、仮想マシンが移動した場合に、それを検知して、MAPに反映させることができます。レポートのテンプレートやトラブルシューティング用の仮想化情報参照ツールが提供されます。


< HP Operations Orchestration software 7.60の新機能>
「HP Operations Orchestration software 7.6」は、運用手順やソフトウェア・リリース手順の自動化(ランブック・オートメーション)機能を提供する自動化ソリューションの最新版です。新たにVMware vSphere 4.0/ESX、Microsoft Hyper-Vに対応し、物理、仮想化環境を統一したオペレーションの自動化を実現しました。運用手順やソフトウェア・リリース手順は、ワークフローとして管理され、実行状態をGUI上でリアルタイムに表示されます。統合管理と自動化により、ライフサイクル全体を通して、作業時間の短縮、作業精度の向上、人的工数の削減を支援します。


< HP Data Protector software version 6.11の新機能>
「HP Data Protector software 6.11」は、仮想化、暗号化、重複排除などの技術を活用した先進的なバックアップ、リカバリー環境の構築を可能にするソフトウェアの最新版です。これまでも,VMwarevSphere4.0/ESX の仮想環境をサポートしていましたが、この度新たに、MicrosoftHyper-V環境において、VSS機能を用いたオンライン・バックアップ、さらにHP XP/EVA/LeftHand ディスクアレイと組み合わせることによる、ゼロ・ダウンタイム・バックアップにも対応しました。更に、Citrix Xen 環境においても、プロキシ・サーバー経由でのオンライン・バックアップに対応しました。


< HP Network Automation software 7.60の新機能>
「HP Network Automation software 7.60」は、マルチベンダーネットワークにおける構成およびソフトウェアの変更を追跡、規制、自動化するネットワークソリューションの最新版です。新たに、VMware ESX環境下における仮想スイッチ(vSwitch)をサポート強化することにより、vSwitchと物理ネットワークデバイス間でシームレスな統合ネットワーク管理を実現することが可能になります。ネットワーク管理者は、グラフィカルで見やすい統合ワークスペースでネットワークを管理することができ、仮想環境の管理者は、ネットワークの変更、構成作業の負担を軽減され、仮想マシンの管理に集中することができます。


本日発表の新製品
<HP ソフトウェア仮想化ソリューション>

製品名価格販売開始日
Smart Plug-Ins for Virtualization Infrastructure96,600円~
(税抜92,000円)~
2010年4月1日
HP Operations Orchestration software 7.60  

26,880,000円~
(税抜25,600,000円)~

2010年4月1日
HP Data Protector software version 6.11  184,800円~
(税抜176,000円)~
2010年4月1日
HP Network Automation software 7.601,747,200円~
(税抜1,664,000円)~
2010年4月1日



■ 日本HPプレスルーム
 ≫http://www.hp.com/jp/pressroom/


#     #     #


文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。


■ お客様からのお問い合わせ先:
カスタマー・インフォメーションセンター   TEL: 03-6416-6660
ホームページ: http://www.hp.com/jp/



PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader® が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上 ご覧ください。