プレスリリース: 2014年03月27日

中堅・中小企業からエンタープライズに至るx86サーバー事業の強化策を発表

- エンタープライズ向け4ソケットx86サーバー新製品によるポートフォリオ強化に加え、サーバー運用の自働化を推進する組込通報機能の提供と、生産性向上設備投資促進税制の活用を促進 -



2014年3月27日

日本ヒューレット・パッカード株式会社


日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は、x86サーバー事業強化を狙い、中堅・中小企業からエンタープライズまで幅広く包含するx86サーバー新製品投入、サーバー運用機能強化、生産性向上設備投資税制の活用促進施策を発表します。

本日発表する4ソケットx86サーバー「HP ProLiant DL580 Gen8」(以下、DL580 Gen8)は、4U筐体に最新インテル® Xeon® E7-4800 v2製品ファミリーを最大4基(60コア)搭載、メモリは最大3TBまで拡張可能なエンタープライズクラスのサーバーです(将来、最大6TBメモリに拡張予定)。本製品は、従来モデルの2.5倍となる83GB/sのメモリバンド幅を有し、今後、主流になると予想されるインメモリデータベースで業界最高水準の性能を実現します。また、「iLO Management Engine」を標準搭載し、サーバー導入から管理、更新に至るライフサイクル全体で効率的な自働サーバー機能を提供します。さらに、現在販売中の4ソケット対応のラックマウントサーバー「HP ProLiant DL560 Gen8」(以下、DL560 Gen8)と、ブレードサーバー「HP ProLiant BL660c Gen8」(以下、BL660c Gen8)にも、最新インテル® Xeon® E5-4600 v2製品ファミリーを搭載した新モデルを発表し、エンタープライズ向けx86サーバーの製品ポートフォリオを大幅に強化します。

またこのほど、HP ProLiant Gen8シリーズにおいて、万一の障害もしくは障害予兆発生時に、HPに自動通報する「HP Insight Onlineダイレクトコネクト」機能を「iLO Management Engine」の拡張機能として組込実装しました。これにより、従来は必要とされたヘルスエージェント、通報ソフトウェア、通報用中継サーバーの導入・構築を必要とせず、いつでもHPへハードウェア故障イベントを自動通報でき、障害復旧・予防保守を迅速化することが可能です。本機能は、無償(*1)で提供される「iLO Management Engine」の最新ファームウェア (Ver.1.40 )を適用し、数分の設定作業で利用開始できるため、中小企業における専任管理者不在のITシステムにおける運用管理品質の向上や、広域に展開する中堅・大企業の店舗・支店に分散したサーバーの運用管理を、より簡便に実現します。

*1: HP Insight OnlineとHP通報サービスは、HP 標準保証もしくは保守契約の期間内で、追加費用負担なくご利用いただけます。


さらに、2014年1月20日施行の産業競争力強化法に基づく「生産性向上設備投資促進税制」への対応として、4月1日より、先端設備(A類型)の証明書発行のための申請受付窓口を開設し、また、申請にかかる費用を当社が負担することで、中小企業の税制活用を促進します。

本日発表の新製品は、以下の通りです。

製品名参考価格出荷開始日
HP ProLiant DL580 Gen82,262,000円(税抜)3月27日
HP ProLiant DL560 Gen8916,000円(税抜)3月27日
HP ProLiant BL660c Gen81,510,000円(税抜)3月27日


<「DL580 Gen8」の特長>
「DL580 Gen8」は、「HP ProLiantサーバー」の4ソケットモデル「DL580 G7」の後継機種となるものです。プロセッサーには、15コア対応の最新インテル Xeon E7 v2シリーズを最大4基(60コア)搭載しています。メモリ容量は、96個のDDR3 DIMMスロットに最大3TB搭載することができ、バンド幅は83GB/sに向上しています。将来的には64GBメモリにも対応し、最大6TBまでメモリ容量を拡張することが可能です。また、「HP ProLiantサーバー」としては初めて、12GB SAS SSDをサポートします。さらに、Gen8シリーズに搭載されているリモート管理ツール「iLO 4」に対応し、導入から監視、運用、保守までライフサイクル全般でサーバー運用の“自働化”を実現する先進の機能を標準で提供します。


<「DL560 Gen8」「BL660c Gen8」の新モデル>
4ソケット対応のコンパクトなラックマウントサーバー「DL560 Gen8」と、ブレードサーバー「BL660c Gen8」に、最新インテル Xeon E5-4600 v2製品ファミリーを搭載したモデルを発表します。これにより、両製品は最大48コアまでの拡張が可能となり、最大約35%の性能向上を実現します。


■新製品に関する情報は以下のURLを参照してください。
 新製品情報の詳細について:
 http://www.hp.com/jp/proliant_20140327

 HP Insight Onlineの詳細について:
 http://www.hp.com/jp/go/insightonline

■「生産性向上設備投資促進税制」 の証明書発行に関する情報は以下のURLを参照してください。
 http://www.hp.com/jp/server_tax

■製品写真ライブラリ (画像データは以下のURLからご覧になれます)
 http://h50146.www5.hp.com/info/newsroom/library/proliant/

■日本HPプレスルーム
 http://www.hp.com/jp/pressroom/


#  #  #


文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■お客様からのお問い合わせ先
カスタマー・インフォメーションセンター TEL: 0120-436-555
ホームページ: http://www.hp.com/jp/