プレスリリース: 2011年06月30日

USB接続で1台のPCを最大20人が同時利用できる「HP MultiSeat Computing」新製品

- 個別IPアドレスの付与や、各端末にUSBデバイスを搭載することで、PC同等の利用環境を実現 -


2011年6月30日

日本ヒューレット・パッカード株式会社


日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は、1台のホストPCをUSB接続によって最大20名のユーザーで共有できる小規模ネットワーク向けソリューション「HP MultiSeat Computing」を構成する新製品を発表します。
新製品はMicrosoft Windows® MultiPoint™ Server 2011(以下、MultiPoint 2011)を搭載する専用ホストPC「HP MultiSeat ms6200 Desktop(以下、ms6200)」、ユーザー端末となる超小型アクセスデバイス「HP MultiSeat t150 Thin Client(以下、t150)」、「t150」に電源供給できる18.5インチワイド液晶モニター「HP Thin Client用TFTモニター LE1851wt(以下、LE1851wt)」の3製品です。

新製品は、日本HP直販営業、日本HP販売代理店を通じ、本日から販売を開始します。

製品名販売価格(税込)販売開始日
HP MultiSeat ms6200 Desktop
・ms6200 Essential (Core™ i5-2400/4GB DDR3/500GB HDD)
MultiPoint 2011 Standardモデル113,400円6月30日
MultiPoint 2011 Premiumモデル144,900円6月30日
MultiPoint 2011 Academic Premiumモデル103,950円6月30日
MultiPoint 2011 Free DOSモデル81,900円6月30日
・ms6200 Extended (Core i7-2600/8GB DDR3/500GB HDD)
MultiPoint 2011 Standardモデル134,400円6月30日
MultiPoint 2011 Premiumモデル165,900円6月30日
MultiPoint 2011 Academic Premiumモデル124,950円6月30日
MultiPoint 2011 Free DOSモデル102,900円6月30日
HP MultiSeat t150 Thin Client
t150/MultiPoint 2011 CALあり13,650円6月30日
t150 Academic/MultiPoint 2011 CALなし8,085円6月30日
HP Thin Client用TFTモニターLE1851wt19,950円6月30日


<USB接続のクライアントソリューション「HP MultiSeat Computing」がよりパワフルに、より使いやすく>
「HP MultiSeat Computing」は、専用ホストPCに超小型のアクセスデバイスをUSB接続するだけで複数のユーザーが同時にPCを利用できる、小規模ネットワーク向けソリューションです。ホストPCを共有し、アクセスデバイスは超低消費電力なため、通常のPC環境と比べて極めて省電力なシステム構築が可能です。
新製品では、ホストPCとなる「ms6200」に第2世代インテル® Coreプロセッサーを搭載することにより、大幅なパフォーマンスの向上を実現しました。また、最新OS「Windows MultiPoint Server 2011」の搭載により、各アクセスデバイス(「t150」)におけるUSBデバイスの個別利用、IPアドレス付与などが可能となり、より使いやすく、より多くのアプリケーションで活用可能となりました。
「HP MultiSeat Computing」は、導入コストが低く、各端末の管理をホストPCで一括して行えるため、学校や塾のPC教室、図書室など、教育機関での用途に最適です。加えて、新製品では、Windows MultiPoint Server 2011の機能の一つである管理ソフトウェア「MultiPoint Manager」によって、複数のホストPCの設定変更やシャットダウンなどの一括管理が可能になりました。一般企業向けソリューションとしても幅広くご活用いただけます。

その他、主な特長は以下の通りです。

・最新プロセッサー・最新OS搭載で活用範囲が広がったホストPC「ms6200」
専用ホストPC「ms6200」は、Core i5-2400プロセッサーを搭載する「Essential Configuration」と、Core i7-2600プロセッサーを搭載する「Extended Configuration」の2種類のハードウェアを用意しました。
両機種とも、最大同時接続10台のWindows MultiPoint Server 2011 Standardプリインストールモデルと、最大同時接続20台でドメイン参加が可能なWindows MultiPoint Server 2011 Premiumプリインストールモデルをラインアップします。また、アカデミックライセンスを利用可能なお客様向けに、よりお求めやすいMultiPoint 2011 Academic Premiumモデルと、お客様所有のボリュームライセンスを利用できるFree DOSモデルも用意しました。

・ユーザー専用USBポート搭載で、より使いやすくなった超小型アクセスデバイス「t150」
縦横が写真のL版よりも小さな超小型アクセスデバイス「t150」(サイズ:111mm×28mm×65mm)は、新たにユーザー専用のUSBポート2基を備え、各端末上で個人データなどの利用ができるようになりました。また、MultiPoint 2011の新機能により、最大5台までのデイジーチェーン(数珠つなぎ)に対応します。従来モデルでは接続の関係上、中央にホストPCを置くスター型での利用が基本でしたが、PCを横に並べて数珠つなぎに接続し、スクール形式で利用することも可能になりました。
従来モデル同様、電力はUSB経由でホストPCから供給されるため、電源なしで動作可能ですが、消費電力の大きいUSBデバイスやデイジーチェーンに対応可能なACアダプタオプションを新たに用意しました。
製品ラインアップとして、MultiPoint 2011のClient Access License(CAL)込みのモデルと、ボリュームライセンスでCALを購入するお客様向けにCALなしのモデルを用意しています。

・「t150」に電源供給できる18.5インチワイド液晶モニター「LE1851wt」
「LE1851wt」は、「HP MultiSeat Computing」に最適な18.5インチワイド液晶モニターです。「t150」付属のブラケットを使用してモニター背面にマウントすることにより、省スペースクライアント環境を実現します。付属品として標準のVGAケーブルに加え、モニターマウント用の短尺ケーブルも同梱しました。
また、付属電源ケーブルによって「t150」への電源供給がモニター側から行えます。本製品を使用すれば、「t150」で高電力USBデバイス使用時、またデイジーチェーン構成時にも、ACアダプタオプションは不要です。


■ 日本マイクロソフト株式会社からのエンドースメント

日本マイクロソフト株式会社 コマーシャルWindows本部
業務執行役員 本部長 中川 哲 様

日本マイクロソフトは日本HPの新しいMultiSeatコンピューティングの発表を歓迎いたします。
MultiSeatコンピューティングのホスト機に搭載されるWindows MultiPoint Server 2011の新機能により、各アクセスデバイスへのIPアドレスの付与や複数のホストPCの一元管理などが可能になり、教育市場のお客様にさらに快適な環境を提供できるようになります。また、ライセンス体系を変更することにより、初期導入コストを抑えることに貢献し、幅広い業種のお客様にもご利用いただけるようになりました。
今後も日本マイクロソフトは日本HPとともに、パソコンの一人一台環境の実現に向けて邁進してまいります。


■ 「HP MultiSeat Computing」の製品スペックは、以下のURLを参照してください。

  http://www.hp.com/jp/multiseat_spec

■ HP MultiSeat Computingに関する情報は以下のURLを参照してください。
  http://www.hp.com/jp/multiseat

■ 製品写真ライブラリ
  (画像データは以下のURLからご覧になれます)
  http://www.hp.com/jp/business_thinclient_pr


#     #     #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先
カスタマー・インフォメーションセンター TEL: 03-6416-6660
ホームページ: http://www.hp.com/jp/