プレスリリース: 2012年01月17日

導入時の設定や運用管理が不要、仮想環境専用シンクライアント「HP Smart Client」を発表

- Citrix®、VMware®、Microsoft®など、最新の画面転送プロトコルに対応、OSレスでセキュリティ対策も不要に -


2012年1月17日

日本ヒューレット・パッカード株式会社


日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は、端末の設定を自動化し、設定管理を簡略化した仮想クライアント環境専用のシンクライアント「HP t5565z Smart Client(以下t5565z)」を発表します。
「t5565z」は、Windows®やLinuxなどのOSを搭載せず、クライアント仮想環境への接続に機能を絞り込むことで、端末のセキュリティ対策と設定管理を不要としたシンプルなシンクライアントです。また、Citrix®、VMware®、Microsoft®などの最新の画面転送プロトコルに対応し、さまざまな仮想環境で利用できます。簡単な手順で導入でき、クライアント仮想環境の変化やバージョンアップにも対応可能なので、将来にわたって管理工数とコストの効率的な削減を両立します。

新製品は、日本HP直販営業、日本HP販売代理店を通じ、本日から販売を開始します。

製品名販売価格(税込)販売開始日
HP t5565z Smart Client28,350円1月17日

「t5565z」の主な特長は以下の通りです。

《各種設定や運用管理が不要、すぐに業務を開始できるクライアント端末》
「t5565z」は、接続先や設定情報を自動的に取得し、クライアント仮想環境へ接続します。端末側に事前設定を行う必要はなく、ユーザーはすぐにデスクトップが利用できるようになります(*1)。導入後の運用管理も不要で、管理コストの削減とともに、業務の効率化にも貢献します。
また、既存のHPシンクライアントと同様にHP独自の管理ツール「HP Device Manager」を利用して管理することも可能です。

《OSレス(*2)でセキュリティ対策が不要、マルチディスプレイ対応など拡張性も兼備》
「t5565z」はOSを搭載せず、API(Application Program Interface)のない独自のファームウェアを実装するため、個別のセキュリティ対策が不要です。また、ログイン時に「HP Smart Client Service」から自動で端末の設定を読み込むため、ユーザー独自の端末の設定や変更操作を無効にすることができます。
そのほか、最大解像度 2,048×1,536のデジタル(DVI)2画面出力に対応し、USB2.0×6ポートとパラレル/シリアル 各1ポートなど、優れた拡張性を備えています。

《主要な画面転送プロトコルに対応し、最新のクライアント仮想環境の利用が可能》
「t5565z」は、Citrix ICA、Citrix HDX、VMware PCoIP、Microsoft RDP(RDesktop)などの画面転送プロトコルに対応し、マルチメディアストリーミングの利用が可能です。また、LinuxベースのHP独自のOS「HP ThinPro」を搭載することも可能で、将来のニーズの変化にも柔軟に対応することができます。

*1:「t5565z」の自動接続利用には、接続先情報などの各種プロファイルの管理を行うプログラム「HP Smart Client Service」をインストールしたウェブサーバーが必要です。
*2:端末の動作に必要な最低限のサービス(ネットワークサービスなど)と、カーネルをファームウェアに実装している状態をOSレスと表現しています。

■ 新製品スペック一覧表は以下のURLを参照してください。
 HP t5565z Smart Client: http://www.hp.com/jp/t5565z

■ 製品写真ライブラリ
 (画像データは以下のURLからご覧になれます)
 http://www.hp.com/jp/business_thinclient_pr


#     #     #


文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■ お客様からのお問い合わせ先
 カスタマー・インフォメーションセンター TEL: 0120-436-555
 ホームページ: http://www.hp.com/jp/