ワイヤレス プリンティング センター

 

ワイヤレス ルータについて

ワイヤレス ルータとは何ですか?

は、実際には とルータの 2 つのデバイスです。

  • アクセス ポイント - ワイヤレス デバイスがネットワークに接続できるようにします。
  • ルータ ‐ 次の機能を提供します。
    • ネットワークに接続されているデバイスが送受信するデータを中継します。
    • ネットワークに接続された複数のデバイスが、1 つの接続 (ケーブル、 モデムなど) を共有してインターネットにアクセスできるようにします。
    • ネットワークに接続されたデバイスが相互に通信できるようにします。

ワイヤレス ルータを使用するネットワークは、「ワイヤレス ネットワーク」と呼ばれます。ワイヤレス ルータは、ホーム ネットワークの中心的なコンポーネントです。ワイヤレス ルータは、コードレス電話の基地局のようなものと考えられます。コンピュータ、プリンタなどのネットワーク上のその他のワイヤレス デバイスは、コードレス電話の子機のようなものです。 ワイヤレス ネットワーク上のすべての通信はワイヤレス ルータを経由し、接続されたデバイス同士およびデバイスと外部との間の通信が可能になります。多くのワイヤレス ルータには、ネットワークへの望ましくないアクセスを遮断するための が組み込まれています。

また、多くのワイヤレス ルータでは、有線の ケーブルを使用してデバイスをネットワークに接続することもできます。したがって、ワイヤレス ルータを使用するホーム ネットワークでは、有線とワイヤレスの両方のデバイスがホーム ネットワークに接続されている可能性があります。

ワイヤレス アダプタを装備したコンピュータ

ワイヤレス ルータに接続するデバイスはすべて、ワイヤレス接続か Ethernet ケーブルによる接続かに関係なく、同じネットワークにアクセスし、ネットワークへの接続方法と無関係に相互に通信できます。たとえば、Ethernet で接続されたデスクトップ コンピュータであっても、同じワイヤレス ルータに接続されていれば、ワイヤレス プリンタに簡単に印刷できます。

ワイヤレス ルータはどのように動作しますか?

ワイヤレス ルータは、接続されたデバイスの間、およびインターネットとの間で情報をやりとりするために、小さい「パケット」に情報を格納します。パケットが転送されるたびに、送信側と受信側のデバイス (例えばコンピュータとルータ) は、パケットが正しく送信され、受信されたことを確認してから、次のパケットを送信します。これらのパケットは、ワイヤレスまたは有線接続、またはその両方を経由して送信されます (例えば、ワイヤレス ノート PC から、Ethernet ケーブルでルータに接続されたプリンタに送信される場合)。

ワイヤレス ルータの主要な機能の 1 つは、ネットワーク内でのこれらのパケットの転送を容易にすることです。このためにルータは、ネットワーク上の各デバイスに固有の「」を割り当てます。IP アドレスは住所のようなものです。ネットワーク上のデバイスを建物とすれば、ルータは郵便局 (および郵便職員) のようなものです。ただし、住所と違って、IP アドレスは一時的な場合があります。デバイスがネットワークに接続したり切断したりすると、そのたびに異なる IP アドレスが割り当てられる可能性があります。ルータの中でこの機能を実行する部分は、 (Dynamic Host Configuration Protocol) サーバと呼ばれます。

ワイヤレス ルータのもう 1 つの主要な機能は、1 つのインターネット接続をネットワーク上の多数のデバイスで共有できるようにすることです。各家庭には、 から 1 つの IP アドレスが (ISP の DHCP サーバを通じて) 割り当てられます。この IP アドレスは、ルータによってホーム ネットワーク上の複数のローカル IP アドレスに変換されます。ローカル IP アドレスは、互いによく似ています。アドレスは 4 つの数値から構成され、192.168.1.X または 10.0.1.X のようになります。最後の数値 (X) は、DHCP によってネットワーク上のデバイスごとに変更されます。ルータ自身は通常、値「.1」を使用します。つまり、192.168.0.1 のようになります。これをと呼びます. その後、ルータは他のデバイスに 192.168.0.9 といった同様の数値を割り当てます。

ワイヤレス アダプタを装備したコンピュータ

各ルータの DHCP サービスが発行できる IP アドレスの数には限りがあります。一部のルータ (Netgear ルータなど) では、最後の数値は 2 ~ 254 の範囲です。別のルータ (Linksys など) では、この範囲は 100 ~ 149 に制限されます。

各家庭の住所が頻繁に変わるとしたら、郵便局は住所を管理して郵便物を配達するのに苦労しなければならないでしょう。同じことがネットワークでも起こります。したがって、プリンタのようにネットワーク上の他のデバイスと頻繁に通信する必要があるデバイスには、変化しない永久的な (「静的」または「手動」) IP アドレスを割り当てるのが有効です。永久的な IP アドレスを持つプリンタは、コンピュータからネットワーク上で検索するのが容易になります。一部のプリンタでは、プリンタのコントロール パネルから詳細ネットワーク設定を使用することで、この設定を実行できます。このための最善の方法は、DHCP サーバが発行するアドレスの範囲外の IP アドレスをワイヤレス プリンタに割り当てることです。例えば、Linksys ルータを使用していて、DHCP サービスの割り当て範囲が 192.168.1.100 ~ 192.168.1.149 に限定されている場合は、プリンタに 192.168.1.200 を使用できます。DHCP の範囲と、サポートされる IP アドレスの全範囲については、ルータのドキュメントを参照してください。

プリンタのコントロール パネルから を設定できない場合は、次のようにプリンタの内部 Web ページから設定できます。

  1. プリンタをワイヤレス ネットワークに接続します。
  2. プリンタのコントロール パネルからネットワーク設定ページを印刷して、プリンタの IP アドレスを記録します。
  3. プリンタの IP アドレスをインターネット ブラウザに入力して、プリンタの内部 Web ページにアクセスします。
  4. [ネットワーク] タブを選択し、左側にある [ワイヤレス] を選択し、[IPv4] タブを選択します。
  5. [手動 IP] ラジオ ボタンをクリックします。
  6. DHCP の範囲の外で、アドレスの最後の数値が 254 を超えない IP アドレスをプリンタに設定します。
  7. [適用] をクリックします。

ワイヤレス規格とは何ですか?

は、ワイヤレス ネットワーク コンピュータ接続を可能にする規格のセットです。これらの規格は、IEEE (Institute of Electrical and Electronics Engineers) によって作成され、維持されています。今日のワイヤレス ルータで最も一般的にサポートされている 802.11 規格のバージョンは次のとおりです。

  • 802.11b - 1999 年に設定されましたが、現在はほとんど用いられていません。速度が遅く、セキュリティが だけなので、セキュリティが破られやすく、ネットワークの安全性を確保できません。WEP を使用しなければならない場合は、「オープン」モードのほうが「共有」モードよりもセキュリティが強固です。この規格は今日のほとんどのルータでサポートされていますが、802.11b でしか動作しない古いデバイスがある場合以外は、使用する理由はありません。802.11b は 2.4GHz バンドで動作するので、電子レンジ、Bluetooth デバイス、ベビーモニタ、コードレス電話などからの干渉を受けます。
  • 802.11g - 2003 年に設定され、現在広く使用されています。802.11b よりはるかに高速で、最新のセキュリティ標準 ( および WPA2) をサポートします。802.11g は、ほとんどのケーブル、およびそのケーブルが接続されている DSL、FIOSのインターネット接続ネットワークよりも高速です。802.11b と同様、802.11g デバイスは 2.4 GHz バンドで動作する他の製品からの干渉を受けます。
  • 802.11n - 2009 年末に設定された最も新しいワイヤレス ネットワーク規格で、最高速であるだけでなく、最も干渉を受けにくい規格です。802.11g と同様、最新のセキュリティ標準 (WPA および WPA2) をサポートします。802.11n は、2.4GHz バンドと、より干渉の少ない 5.0GHz バンドのどちらでも動作します。2.4GHz の 802.11n で動作しているデバイスは、5.0GHz の 802.11n で動作しているデバイスには接続できません。

考慮すべきその他のトピック

下の一覧から選択して関連するワイヤレス コンテンツにアクセスします。

どのルータを購入すればいいですか?

ワイヤレスの基本

ルータを使用せずに HP ワイヤレス ダイレクトを使用したワイヤレス印刷